★ピカデリーホール専属劇団「うたかた」 第10回公演★

2013.5.18~19

★ピカデリーホール専属劇団「うたかた」 第10回公演★
「放浪記」の作者 林芙美子の半生記 「太鼓たたいて笛ふいて!」 作:井上ひさし 作曲:堀  六平 ピアノ、三嶋ひとみ ギター、合津征樹 演出:堀内 博 連日、熱いご声援をいただき、公演を終了することができました。 
ご来場いただきました皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。 出演者、スタッフ一同 御礼申し上げます。 この作品は「放浪記」で有名な林芙美子の半生を劇化したもので、 昭和の戦争時代を背景に葛藤する芙美子とその仲間たちの涙と笑いの音楽劇の大作です。 今回、堀六平がこの作品の挿入歌を書き下ろし、「堀六平とそのチーム」が演奏しました。

公演当日の様子です。たくさんのみなさんに来ていただきました。

芝居のリハーサル風景